フォト
無料ブログはココログ

« 寒くなるけど良い季節です。 | トップページ | 沖縄映画と子ヤギ達 »

2018年10月12日 (金)

一度きりの運でした!

(写真は、POP-UPします。カーソルをのせてクリックを!)

ダイバーが出会いたがる魚は、いろいろですが、トータルしてみるとNO-1は
あの「ジンベエザメ」だそうです。

水族館では早い頃から、大阪海遊館、そして沖縄美ら海水族館が知られて
います。大勢の観客が行って、唸るのです。「ジンベエか・・・でかいな~」と、

それでも、このジンベエさんと偶然に出会えるとなると、確率は一気に下が
ってきて、出会いたいけど出会えません・・・というのが普通です。

可能性としては、フィリピン、タイ、オーストラリア等は、時に話を聞きます。

そんな古いDVDを見ていて、そや、こんなんやったな~っていうお話です。

Img_1578

それを、沖縄、読谷村の沖合には、ジンベエさんを生け簀で飼ってて
見せる・・・という事実が営業として成り立っている。

見に行くダイバーは多いかどうかは分かりません。
ボクの知人が一組だけ行きましたが、殆ど説明話をしないのです。

それが、その喜び具合なんやなと理解しています。

偶然出会ったジンベエさんは、ちょうどこんな具合に、向かってきました。

Img_1583

西表島外離れを南下中、キャプテン=オーナーが適切に指示を出します。

大きくジンベエさんの前に回り込みます。残念ながらマクロレンズなので
撮るのは諦めました。

事実はコバンザメを従えていましたが、このDVDはタイのであって従えて
るのはスギですけどね・・・

Img_1584_3

ジンベエさんが、眼下に来た時、迷わず潜って背びれに取り付いて
いました。無我夢中というやつですね~

まだ成長途中の5~6m、子供なんですけど、泳ぎは堂々として軽々と
ボクを引いていくのです。

背びれにつかまってみた風景は確かにこんなのでした。

Img_1585

苦しくはなかった。だから長い距離ではなかったと思います。それでも
あの、ザラッとした。硬い目のゴムのような感触は、今も忘れてません。

これは、ダイバーとしては、対ジンベエさんには、一生の運を使ったと
思いますね~

今では、どこもいろんなルールができています。それはそれとして、
仕方がないこととは言え、まだこの当時は良かったのだと思います。

以後、水中手袋はしていません。
(ゴマモンに襲われたのは、この少し前のことでした!)


« 寒くなるけど良い季節です。 | トップページ | 沖縄映画と子ヤギ達 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592648/67267271

この記事へのトラックバック一覧です: 一度きりの運でした!:

« 寒くなるけど良い季節です。 | トップページ | 沖縄映画と子ヤギ達 »